オリジナルピンバッジを作成する時の注意点

記念品や部活動、サークルの中で使うようなオリジナルピンバッジも気軽に作れるお店が増えていますが、これから作成を始めようと考えている人には、どのように作れば良いのか迷うのではないでしょうか。何となく値段だけ見て作ろうとする方もいますが、やはりたくさんの業者がありますので、どのように注文をしていけば良いのか流れを確認しておきましょう。製作実績などを見ると分かりますが、大きさやデザインによってもかなり値段や納期も変わってきます。既に作りたいイメージがあるなら、それを元に問い合わせや見積もりを行いましょう。また、数量はいくついるのか、どのように作りたいのかということをしっかり話し合いをしてくれる業者を選ぶことも、後悔のない品質の良いピンバッジを作るのに重要です。

依頼をする前に自分たちで考えておくこと

誰かがつけているのを見てオリジナルピンバッジを作ってみたいと思うこともあれば、会社等のイベントなどで作ろうという時もあるでしょう。製作を始める前には、大まかでも良いので考えておくことがあります。まず重要なのは「いつ頃いるのか」という納期です。いつでも良いならのんびり構えていてもいいのですが、イベントなどの開催日が決まっているならそれに合わせて作成しないといけないからです。また、デザインについてもイメージを形作っておかないと、実際に相談を始めてもどうすればいいのか迷うばかりで話が進まなくなってしまいます。一口にピンバッジといっても種類がありますし、留め具なども組み合わせるとデザインや費用もがらりと変わりますから、それぞれの業者での事例を見ながら出良いので考えておきましょう。

相談しやすい環境であるかどうかも重要です

オリジナルピンバッジを作ってくれる業者はたくさんありますが、気軽に相談しやすいかどうかも重要です。ピンバッジを作るのも慣れていない方が殆どですから、資料やサンプルも請求できる業者もあるので、製作を依頼する前には取り寄せておくと分かりやすいです。そして、キャンセルや返品などについても予め確認しておくことをおすすめします。作成を進める前にかかってくるのか、その時でも何%の金額になるのかというのは業者によっても違っています。返品に関しては基本的にはどの業者でも受け付けていませんし(業者側の不備を除く)、特別な記載などを注文時に見落とししないように確認しておきましょう。もちろん、話を進めていく前に自分自身で確認しておけばより安心してデザインなども含めて相談できるでしょう。