オリジナルピンバッジを作成する時注意したいこと

ピンバッジとは長径が30ミリメートル前後で裏側に垂直に出た針を装備する場所にさして針先をバタフライクラッチといわれるキャッチで受ける形式のバッジのことです。装備する場所とは、主に衣類の生地の裏側になっています。企業などでつけているものは社章といった別名で呼ばれていることもあります。ピンバッジの材質は胴が主に使われていますが亜鉛合金や鉄やアルミニウムステンレスといったものも使用目的またはデザインやコストによっては使われます。このようにデザインや使用目的やコストなどで材質が変わっても作れる便利なものがピンバッジなのです。こういった理由からオリジナルピンバッジを作成する人が多いのはコストを相談しながら材料を揃えて作成することが出来るからなのです。

デザインを作るときの注意点とは

オリジナルピンバッジをデザインするときの注意点としては妥協をしないことが一番初めに気を付けることです。一般的に作ろうという人も多いのですがその作ろうという気になる人の大半は企業や少人数ながらもグループで象徴のようなバッジを作るといった目的が多いのです。せっかくグループでオリジナルのものを作るので妥協せずに好きなデザインを選ぶことが出来る上に世界で唯一のものが作れるのです。特に企業で作る場合はその職業や企業の顔ともなるものなので納得いくものを作らないと長年そのデザインと付き合っていかなければならないことになります。そのために妥協をしてしまうと後悔をしてしまうことがあります。後悔をしないためにもオリジナルのデザインを妥協せずに通していくことを大切にしてください。

サイズを考えて作ることが大事です

そして次に大事なものはオリジナルピンバッジのサイズをきちんと把握しておくことです。用途によってサイズというものは変わってきます。例えば販促やノベルティといった用途では無料で配布することが多いので大量の数を作る必要があります。そのためコストを優先的に考えて格安でサイズの小さい25ミリメートルのサイズのピンバッジが多いです。このほかにも企業などで作る場合も仕事の邪魔にならないように小さめのサイズで作ることが多いです。企業ではサイズよりもデザインで見せるほうが賢明です。一般的に知られていないオリジナルピンバッジの作成ですが、このようにいろいろな注意点があります。こういった注意点をしっかり守ることで自分の好きなデザインでいいものを作ることができるようになってきます。